sp-katagiri0069

社会人になるまでは、非常に平凡な恋愛をしてきた。



高校生で初めて彼女ができて、童貞を卒業して。

大学生でも彼女ができて、 少し早めの夜のマンネリを経験したり、初めてフラれたりして。

社会人になりたての頃には、遠距離恋愛を経験して、これは向いてないな、と思ったりして。











この東京という街で社会人として働きはじめて数年が経ったある日。ふと思った。


そんな平均的で平凡な恋愛を送ったまま、20代という時代を過ごし終えてしまっていいのだろうか。


もっとモテるようになりたい。女性を魅了できるカッコいい男になりたい。後悔しない20代を送りたい。


そして、いずれ巡り会う一人の女性のために、男を磨きたい。






そんな単純な動機が、僕をナンパという世界へ導いた。


* * * * * *


この世界に入ってから、毎日がキラキラし始めた。


日々の出来事は驚きの連続で、それまでナンパとは無縁の世界で生きてきた僕にとって、その毎日は非常に大きな経験となった。


多くの女性に話しかけて、多くの女性と遊んで、多くの女性と交わって。


女性なんて星の数ほどいるという言葉の意味をようやく理解した。









仲間ができると、ナンパをする機会も増えた。


男の数だけナンパの仕方もある。

世の中には男が惚れてしまいそうなほどにかっこいい男がいる。

男の良さは見た目だけじゃない。


たくさんのことを学んでは、それを実行に移すために、街へ出掛けてナンパをした。







何日も連続でクラブナンパを繰り返して。


仲間たちと花見や納涼船といったイベントに出掛けては、そこにいる女性に声をかけ。


女の子と二人で飲みに行っては、どうすればこの日この子と一夜を共に過ごせるかということばかり考え。






気づけば、一年間で立てた目標に向かってがむしゃらに女性を口説いていた。



* * * * * *


ナンパを初めて1年強が経った頃、それまで自分の中で燃えていたものが小さくなっていった。


目標がなくなった事、果たして自分はこのステージにいたままでいいのかと疑問に思った事、どこか満たされない部分があった事、色んな理由が重なったのだろう。


今年に入り、自分の中でのナンパの優先度は低くなり、いわゆる普通の生活を送るようになっていた。
















きっかけは突然だった。


ある日飲みに誘われて、特に下心もなく飲みに行き、抱くこともないまま、よく遊ぶようになって。













そして先日、そのままその子が僕の彼女になった。









彼女なんて何年ぶりだろう。



それだけ自分が彼女にしたいと思える子に出会えてこなかったのだろう。


その点、今回の出来事は自分にとって非常に重要な意味をなす。





ナンパで身に付いたスキルをいかせられただろうか。

ナンパをする前の自分より男としての魅力があがったことがこの結果につながったのだろうか。



そんなことわかるはずもなく、そんなことどうでもよくて。





単純にその子を幸せにしてあげることだけを考えたい。今もそしてこれからも。



* * * * * *




このエントリーは自分に対するけじめです。


ナンパという世界で、僕は非常に多くの事を体験し学びました。


ナンパという世界で過ごした時間は、自分の人生の一部としてこれからも生き続けていくんだとは思います。







それでも、この世界にいるのはもうここまでかなと思ってます。







今後一切ナンパをしなくなるかと言われれば、それはわかりません。

全くクラブや街に遊びに行かなくなるわけではないと思います。

当然こんな短期間で魅力的でカッコいい男にになれたとも思っておらず、男磨きは死ぬまで続きます。







ただ、このブログを今後更新していく意味というものはもうなくなりました。

この世界の人間ではなくなるという意味で、僕は次のステージに向かいます。






ツイッターアカウントの行方については未定ですが、今後使われる予定はありません。

このブログ自体は残しますが、もう一切更新しないでしょう。







またどこかで会えたらいいなと思う人はたくさんいます。

また飲みに行きたいと思う仲間は大勢います。

僕からお誘いすることもあるかもしれませんが、そんな時は、またよろしくお願いします。






この世界で出会った全ての人に感謝を込めて、最後のエントリー記事としたいと思います。




* * * * * *



また今日もどこかで誰かがナンパをし、そしてどこかで誰かが抱かれて。

街の姿は、流れる河のように絶えず移り変わり、街に流れる人々はすぐに同じ元の人ではなくなっていく。





僕のこの先の人生も、そんなふうに絶えることなく移り変わって行くんだと思います。

それでも、そこで過ごした体験は自分の体験以外の何物でもなく、そこにいたという事実は決して変えられない。

その中で何を学んで、何を感じて、そしてどうしていくか。


これからもずっと、その繰り返し。











なんてね。



とみー


※ランキングに参加しています。気になったらクリックを。
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村